掲示板は閉鎖しました ブログ トップ

2012年01月06日

短編だったはずのRPG、進捗状況01/06編

あけましておめでとう御座います!
今年も宜しくお願いします!

何だか年々寒くなっている気がします、さむー。
いや、私の喋る事ではなくですね、ごにょごにょ。

さて、とりあえず現在の短編だったはずRPGの進捗状況ー!
何か名称が可笑しくなっているのは気のせいです(ぉ

とりあえず掲載している画像のような事になっています(キリッ
nnamess.jpg

あいう「おえ」なのは気にしないで下さい(遠い目)
去年、確かこのゲームではスクリプトあまり打たないようにするとか何とか言っていたようなごにょごにょ…。

何か名前とメッセージ枠を別にしたかったんですけど、
一応知ってる範囲のスクリプト素材サイトにはこういうのなくて、
更にツクールVXのスクリプト素材サイトあまり知らないので
適当に作ってみました(=〜=;
ちゃんとしたのを誰か作ってたら次回作で使いたいなー。
今回は折角書いたのでこれを使うつもりです(ぉ

ちなみに去年、天候スクリプト作ったってブログに書いてますが
実はもう一つ、「戦闘開始音のオンオフ切り替えが出来る」スクリプトを書いていて(ぉ)
それを今年、うっかりCtrl+A+Del!→ぎゃーーー!!!!!Σ( ̄口 ̄;;
と言う事をしでかしました(遠い目)
ちなみに、何故か勢いで消していたために
数分間自分が何を消したのかすらわからない状況でした(ぉ
書き直しましたので、ちゃんと元通り(?)ですー(=〜=;

と言う状況です。

スクリプトの事しか書いてないような気がするのは気のせいです!
木の妖精さんです!!(ぉ

うーん、OPどうしようかなぁ・・・。
どうしても長くなってしまうので悩み中です・・・。
以上、最近の創作状況でしたー(=〜=;
posted by E/Lyce at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 作成メモ

2011年12月28日

2011年越しチャット「メロンソーダ」について

そろそろ年末近づいてきましたので、年越しチャットのご連絡ですー。
とりあえずやるだけやりますよー!(笑

・・・誰か来るんだろうか(遠い目)

ちなみに立てた時から出入り自由なので、
適当に来て独り言なり偶然であった人と会話するのもOKです。

相変わらず私の入室時間は不明です。

待ち合わせはこちらのコメントか
誰も居なければチャット内でどうぞ〜。

http://windykey.sakura.ne.jp/meron/index.html

ではでは、宜しくお願いします〜。
posted by E/Lyce at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月27日

少しでもやる気を出す為に短編ファンタジーの設定を羅列してみる&ネタバレは基本〜キャラクター編/メル〜

メル01.jpg
これまで「メラレール」と記載していましたが、
これからの表記は「メル」にしようと思います。
ちなみに愛称です。
(すでに記載したキャラクターの中には、既に愛称記載のみのキャラが居ます)

この子も以前の簡易設定の時から、いくつか設定変えています。

--- メル ---

年齢:16歳
身長:140cm代
体重:30kg前半
出身地:胎動の帝国
所在地:アビス
職業:アビス半永久機関、断罪者
特技:特に無い
趣味:心が晴れる事をする
好きなもの:エレボス
嫌いなもの:エンリエル、太陽の光
キーカラー:ワインレッド
利き手:左手
夢:いつか王子様(エレボス)が迎えに来てくれる
ライバルキャラクター:エンリエル
高相性キャラクター:エレボス
キャラクターに合いそうな曲:(何も考えてない(ぉぃ))
容姿:赤髪/金目

何もしなければ無邪気な少女に見えるが、口を開くと恐ろしい事を笑顔で口走り、
行動すると血の一滴以上は流れる事になる猟奇的な性格。
長い間虐待を受けていたため、人は傷付け合う存在だと当たり前のように言い、殺傷を正当化している。
やられたらやり返す主義者。
好きなものは好きだと、はっきりと主張し、決して手放そうとはしない執着心の持ち主。
嫌いなものは嫌いだと、はっきりと主張し、自分の満足行くまで阻害する。
優しさに慣れておらず、エレボス以外の人間から優しくされると戸惑ってしまう。

アビスの研究していた永久機関の被体験者にして、現在の半永久機関の駆動源。
駆動源となってから、身体の成長が停止した。
メルの命が尽きると同時に半永久機関は役目を終えるが、
延命措置を受けているため命尽きることを許されていない。
度重なる実験により、肉体の疲労が激しく、肉体的な寿命はもう間もなくだが、
アビスは錬金術師の用意した器に魂を移す事で、メルを永らえさせようとしている。
メルの半永久機関は、彼女の魂と条件の一致した肉体によって完成するとされている。
錬金術師の用意した器には、エレボスの存在が擬似化された技術が利用されている。

エンリエルの後輩とも言える立場。
エンリエル同様、彼女は胎動の帝国からエレボス以外の人間にさらわれて来た。
エンリエルがアビスに居た当時姉のように慕っていたが、
彼女が逃げた事でメルの拘束が強化され、エンリエルを恨むようになった。
メルを誘拐した人物に、永久機関の素材として非常に期待されているが、
メルは誘拐の件とは関係なしに、性格的にその人物の事を嫌い、言動でも露骨に表している。

エレボスを心の拠り所としており、王子様と言って慕っている。
例えエレボスの肉体が変わっても、彼女にはそれが判る。
ニルがエレボスとしての記憶を思い出す為なら、それこそ何でもやってのける。

---

ロリキャラなためか、イラスト描くの楽しかったです(笑
posted by E/Lyce at 01:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 作成メモ

2011年11月23日

少しでもやる気を出す為に短編ファンタジーの設定を羅列してみる&ネタバレは基本〜キャラクター編/リヒター3&エレボス2〜

リヒター(幼少)01.jpg先代エレボス00.jpgere_ss.jpg
リヒター(幼少)とエレボスですー。

…今のところルキアスの幼少画像は不要な予定ですが、
必要になったら描かないとにゃー…。

リヒターとエレボスはこのまま顔グラ化しちゃいましたー。
そんでもってイベント微妙に進めているので(ぉ)
ついでにSSも貼っちゃいますぞー。
敵画像は描かないかもです…めんd…げふん。
posted by E/Lyce at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成メモ

少しでもやる気を出す為に短編ファンタジーの設定を羅列してみる&ネタバレは基本〜キャラクター編/レノン〜

レノン01.jpg
これも何か有名人から取ってきたような名前ですが、愛称ですYO!
レイオドルドーって名前なのですよー!
ちなみにシルキーはシルクレイラです。

そう言えば逆算すると年齢に矛盾がありそうなので
その辺はあとで直します(ぉ

ところでプロフィール書いてて思ったことは、痩せ型キャラクター多すぎです(ぉ

--- レノン ---

年齢:18歳
身長:170cm代
体重:やせ型
出身地:月鏡の王国
所在地:月鏡の王国
職業:王子
特技:暗記
趣味:自然を愛でる、読書
好きなもの:読書、静かな場所、雨音
嫌いなもの:戦争、血生臭い事柄、エレボス(とアビス)
キーカラー:青
利き手:右手
夢:エレボスへの復讐、シルキーを嫁として迎え入れる
ライバルキャラクター:エレボス
高相性キャラクター:シルキー
キャラクターに合いそうな曲:(何も考えてない(ぉぃ))
容姿:銀髪/金目

「また奪いに来たのか?何の意味も無く、人の苦を味わいたいと言う理由。ただそれだけの為に!!」
「ごめん……。もう……戻れないんだ。君を巻き込んでしまった俺を呪ってくれても構わない。許して欲しいだなんて乞わない。だけど……。傍に、居て欲しいんだ……」

月鏡の国の次期王位継承者にして、シルキーの婚約者。

物静かで聡明、生真面目な性格な為、こっそり会いに来た婚約者に戸惑いを見せる事がある。
彼女の行動に愛らしさを感じ、照れを隠せないでいる。
しかし、好意を見せる事に酷く不器用で、シルキーに対してどこか一歩離れたような態度を見せる。
その為、シルキーの好意は一方的に見えるが、実際はそうではない。
婚約者の前では見せないように心がけてはいるが、時折少し儚げな表情を見せる事がある。(シルキーは当然気付いている)
勘が鋭いようで実はそうでもない。
優しく控えめで他人に配慮するような人間のように見えるが、自らの信念のために突き進む人物。
少し融通の利かないところもある。

一途に思い続けてくれるシルキーを好いているが、シルキーに対する自らの思いに自信を持てずに居る。

エレボスの手によって崩壊直前まで追い込まれた小国の王子。
エレボスの気まぐれによって唯一、彼一人だけ生き延びる事が出来た。
ニルに潜むエレボスの気配に気づき、ニルに対して警戒心を持っている。
エレボスへの復讐を目論んでおり、その覚悟は出来ているが、
シルキーを巻き込んでしまう事に対して思い悩んでいる。
また、月鏡の王国に関して、誰にも相談する事の出来ない悩みを一人で抱えている。

エンリエルとは血の繋がった兄妹だが、レノンは自分とエンリエルとの関係に気付いていない。

---

悲劇の王子様。
シルキーと性別を逆転させると、多分ぴったり型にはまるような気がします(笑
ヒロインっぽい性格とか設定とか。

丁寧語キャラにしようと思ったのですがやめました(ぉ
ちょっと男性陣は口調使い分けできるか不安です、むー(=〜=;<そんなにいないですけどぬ。

ストーリーでは、レノンが誰にも相談出来ない真実に到達したら折り返し地点、と言うのを目標に考えてます。
posted by E/Lyce at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成メモ